Bar Living Room

bartajima.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ビール( 8 )


2013年 03月 25日

クラフトビール

f0186927_204784.jpg


いろんな国のクラフトビール
[PR]

by bar_living_room | 2013-03-25 20:47 | ビール
2012年 08月 07日

ベルギービール

f0186927_2214442.jpg
f0186927_222260.jpg
f0186927_222797.jpg


最近またベルギービールをよく飲む。
[PR]

by bar_living_room | 2012-08-07 02:22 | ビール
2011年 01月 29日

昨日飲みました。

f0186927_164563.jpg


写真左
オランダのトラピストビール、ラ・トラップの限定品。
ラ・トラップ・クアドルペル・オーク・オークエイジド [La Trappe Quadrupel Oak Aged]

写真右
アメリカのクラフトビールメーカー「アンカー」
アンカー・スペシャルエール ANCHOR SPECIAL ALE 2010
[PR]

by bar_living_room | 2011-01-29 16:13 | ビール
2010年 10月 30日

本日新しいビール入荷しております。

新潟のスワンレイクブルワリーのアンバーエールです。
アメリカ産ホップの苦みと芳醇な味が特徴です。
インターナショナルビールサミット98で世界第1級のビールに評価され金賞に輝いたビール。アメリカ産ホップを使用しており芳醇な味と甘み、繊細な味わいと麦芽風味が特徴。
f0186927_19232319.jpg


もちろん樽での入荷です。

なので本日の生ビールはホワイトエール、アンバーエールの2種類です。
[PR]

by bar_living_room | 2010-10-30 19:24 | ビール
2010年 06月 19日

ノンアルコール

f0186927_320486.jpg


ノンアルコールビールの入荷です。
以前は常陸野NESTのノンアルコールやってたけど、0%ではないので最近は仕入れてませんでした。

今回のは0%です。

新潟麦酒のノンアルコールです。
0%のビールテイスト飲料です。

原料も麦とホップのみ。
[PR]

by bar_living_room | 2010-06-19 03:23 | ビール
2010年 06月 13日

NIPPONIA

変な名前のビールです。

美味しいです。

けど、理解できない人も多いでしょう。

今、一般市場で販売されているものだけがすべてではないと言うことだけ理解していただけたら幸いです。

f0186927_4165497.jpg


NIPPONIA

“絶滅”した日本最古のビール麦を復活させ、木内酒造(茨城県那珂市)が製造に取り組んでいた、常陸野ネストビール「NIPPONIA(ニッポニア)」が完成し、6月1日から販売される。ニッポニアは「昔のビールの味」に徹底的にこだわり、4年もの年月をかけて造られただけに、かかわった人々の感動もひとしお。同社は「ニッポニアを茨城から世界に発信していきたい」と意気込んでいる。

 ■1900年生まれ、最古のビール麦

 ニッポニアの原料の麦は「金子ゴールデン」。明治33(1900)年、東京・中新井村(現在の練馬区)の篤農家、金子丑五郎が米国のビール麦「ゴールデンメロン」と、六条大麦「四国」を掛け合わせて造った国内初のビール麦だ。

 金子ゴールデンは早生(わせ)品種で、少ない肥料でよく育つことから関東一円で広く栽培されたが、各地で品種改良が進み、生産性が高い麦が広まったことから、昭和30年代に姿を消した。

 木内酒造は練馬区の農協から金子ゴールデンの種を譲り受け、地元の那珂市農業後継者クラブ「B☆NAS(ビーナス)」(池島浩一会長)に復元栽培を委託した。ビーナスは平成19年、耕作放棄地で栽培を開始。ただ、半世紀も作られなかった麦を使用してビールを造るのは苦難の連続だったという。

 ビーナスの海野敦之さんは「どんな麦か発芽するまで分からない。種をまいてから最初の1カ月は毎日畑を見に行った」。

 ■試行錯誤…「本当にできた」

 また、麦を麦芽に加工する工程も試行錯誤の連続だった。同社の醸造主任、福島克さんは「教科書通りにやったが、日数がかかりすぎたり予想と違う味になったりした。何度もテストを繰り返した」と振り返る。

 当初、昨年夏には店頭に並ぶ予定だったが、福島さんらは「ちゃんとしたものを出したい」と、さらなる製品改良に取り組み、今月上旬、ようやく満足する味に仕上がったという。

 醸造に携わった同社製造部の中村幸代さんは「やっと本当にできたというのが実感。初めて飲んだ時は感動した。『昔のビールがおいしい』というのは本当でした」と笑う。

 同社はニッポニアを海外にも売り出す予定で、すでに米国の業者からも購入希望が来ているという。中村さんは「このビールが見すえているのは世界」と話している。




ホップは「ソラチエース」を使用 ニッポニアに使用されているホップは日本オリジナルの「ソラチエース」。これはサッポロビール札幌工場上富良野分場(北海道上富良野町)が開発した品種で、現在は日本で作付けされておらず、栽培しているのは米ワシントン州の農家などの海外という。

 木内酒造では、ソラチエースがレモンのような香りを放つことに注目し、ニッポニアに使用。できあがったビールは切れ味鋭い苦みと柑橘(かんきつ)系の華やかな香りが特徴的なものに仕上がっている。
[PR]

by bar_living_room | 2010-06-13 04:17 | ビール
2008年 11月 28日

KISOJI BEER

f0186927_2352940.jpg


お客様のお土産です。

飲みながらブログ書いてます。

KISOJI BEER飲むのは初めてなんで、今ネットで調べたけど、あんまり情報ないです・・・

今回飲んでるのは「ヴァイツェン」

ドイツタイプの小麦を使った上面醗酵のビール

ちょっとバナナっぽい味が特徴。

美味しいです。

情報があまり無いのも興味そそられます。
[PR]

by bar_living_room | 2008-11-28 02:52 | ビール
2008年 10月 08日

RODENBACH GRAND CRU

本日も仕事終了です!
明日はお休み・・・
何も予定無し!いつものことです。

1週間仕事頑張ったご褒美に自分自身にビールをプレゼント!
ローデンバッハ グランクリュ(ベルギー)
f0186927_252177.jpg


奮発しちゃったよ(店で1杯¥1600で出してるものだからね)!
久しぶりに飲んでるけど、美味いです!

しかし、国産大手メーカーさんのビールしか飲んだことの無い方には、たぶんビールとして受け止められない味でしょうが・・・

けど、いいんです!色んな味があったほうが楽しいんです!
それにビールの歴史的にいったらベルギーの方が日本よりはるかに歴史が長いんですから!

皆さん、いろんなものを飲んだり、食べたりして楽しんでください。
ビールだってウィスキーだってワインだっていろんな楽しみ方があるんですから!
型にはまるのだけはやめましょう。
最終的に自分の好みか好みでないかの判断をすればいいんだと僕は思います。
[PR]

by bar_living_room | 2008-10-08 03:06 | ビール