Bar Living Room

bartajima.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 26日

琵琶湖の天然稚鮎

f0186927_2422769.jpg


琵琶湖の子鮎の稚鮎です。

f0186927_2414338.jpg


稚鮎のエスカベッシュ
スペイン風のマリネです。
[PR]

by bar_living_room | 2012-06-26 02:42 | 料理
2012年 06月 17日

カルボナーラ

f0186927_4482899.jpg


カルボナーラだす。
基本レシピに忠実に作ってみる。
こいつはやっぱり旨い!
ってことで来週からカルボナーラは大幅変更です。
生クリームは使いません!
ローマ風です。
パスタはラ・ファッブリカ・デッラ・パスタ社の1.9ミリ(写真​はLATINIのペンネット)を使用。
自家製パンチェッタから本場イタリアのグアンチャーレ(豚ホホ肉​の塩漬け)、グラナ パダーノ(イタリア産ハードチーズ)を使って作ります。
入荷次第変更です!
お楽しみに!
マニアにはわかってもらえるはず(僕の店に来てくれてるお客様な​ら)!
[PR]

by bar_living_room | 2012-06-17 04:49 | 料理
2012年 06月 09日

ノワール ド ビゴール 入荷

f0186927_21421184.jpg


ジャンボン・ド・ビゴール
ハモンセラーノ終了したらビゴールに変更します。

【仕様】
・肉の旨味を最大限に引き出すために、24ヶ月かけて熟成しました。薄くスライスするとしっとりした食感で、ほど良い塩味と独特のナッツ香が感じられ、とろけるような口当たりです。

【ビゴール豚】
・ビゴールとは、フランスとスペインの国境にそびえ立つピレネー山脈の麓、オート・ガロンヌ県、オート・ピレネー県、ジェール県の3県にまたがる旧地方の名称です。「ノワール ド ビゴール豚」は、緑豊かな牧草地の中で1ヘクタールにつき25頭以下という好環境のもと、牧草とライ麦、大麦、ドングリ、クリなどを餌として育ちます。自然な状態で成長するために、体重は交配種が一日800g増えるのに対して450gしか増えないため、12ヶ月(交配種は7ヶ月)にわたり時間をかけて飼育されます。ストレスの少ない環境で育ったビゴール豚は、赤身が全体の43%(一般的な商用品種の赤身の平均は56%)と少なく、その半分以上は脂身で、脂肪の割合が高いことが特長です。その豊かな脂肪分こそがノワール ド ビゴール豚の味わい深い旨味です。
[PR]

by bar_living_room | 2012-06-09 21:43 | 料理
2012年 06月 06日

にんにく

f0186927_0434254.jpg


ニンニクの種類を変えてみた。
青森産ニンニクからスペイン産根付き紫にんにく (Ajo Morado)に。
国産も良かったが、スペイン産もなかなか良い!(中国産は使いま​せん。)

販売店の説明

根付き紫にんにく Ajo Morado I.G.P.
・スペイン産紫にんにくは、深みのあるアロマと、加熱調理後も残るしっかりとした辛みが特徴。調理後のにんにく特有のえぐみが少なく、ハーブのようなにんにくで「エル・ブジ」などスペインの有名店のみならず、イタリアンやフレンチのシェフにもご愛用です。
また、香りが高いのにもかかわらず、食後のニンニク臭も控えめで、特に女性のお客様からも支持を頂いている安全で安心なニンニクです。
[PR]

by bar_living_room | 2012-06-06 00:45 | 料理